わずらわしい自動車学校への入学

>

自動車教習所に通わず運転免許を取るには

日本で自動車運転免許を持っている人の割合

いまなら誰でも持っているのではと思える自動車運転免許ですが実際持っている方の比率はどのくらいでしょうか。
一説には80%以上といわれる高保持率です。
自動車の保有台数も今は一家に2~3台という風にもうあるのが当たり前という状態です。
しかもこれから免許を取ろうという方も多いはずです。
このように自動車運転免許は無くてはならない資格の一つといえるでしょう。
では免許を持っている方の男女や年代の比率はどうなのでしょうか。
一般的には男女差はそう開きが無いといわれています。
年層は高い方の保持率は以前高く、いま高齢者の誤認運転による事故が社会問題となっています。
バランスのよい高齢者の免許返納と若年層の保持率の増加がポイントになっています。

車社会日本ならではの自動車免許の保持率

車社会と呼ばれる日本は国土面積と比較すると恐ろしい数の自動車が毎日走行しています。
普段交通機関を利用する方も自動車は所有していて休日のみ運転といういわゆるサンデードライバーが多いのも日本の特徴です。
一方排気ガスによる環境汚染の問題も保有台数の増加によって深刻化しています。
これに変わって現在は電気自動車の導入が少量ですが実現し始め、数十年後には電気自動車のみの車社会が完成するといわれています。
こういった変化いている自動車業界の動向に合わせて運転者側も新しい知識や技術の取得が求められるでしょう。
そうするとこれから免許を取得する方の環境も変化していくのでよりいっそう運転技術への対応が求められますね。


この記事をシェアする
B!